占ゆい。

ココナラで活動中の新米占い師のブログ

占いはほどほどに信じよう

昨日お風呂に入りながらふと題名の事を思いました。
こんにちは、蒲原ゆいです。

 

今日は占いについて持論を述べて行きたいと思います。

 占いを信じない人はたくさんいる

 
正直に言って占いは「風俗」「タバコ」「ガチャ課金」と同じ位理解されないものだと思っています。
一番わかりやすいのが「風俗」でしょうか。
風俗を楽しむ男性はいると思いますが、女性全般が嫌悪感を抱く様、
そして同性でも理解できない人が半数を占めている様が、
占いに対する偏見と似たようなものではないかと思います。

 

「何故占いなんて物を信じるの?」
「未来なんて当たらないしインチキでしょ」

 

信じない人は大抵このセリフを言うと思います。
セリフからわかるように「未来が当たる事」を視点を置いている気がします。

 

それでも信じる理由

私が信じる理由は、

 

占いの神秘性をひも解く事、問題を解決したい、誰かに悩みを打ち明けたい……

 

この3点です。正直に言って「未来が当たる事」に視点を置いていません。
占いをきっかけとしたカウンセリングを求めている事を凄く自覚しています。

 

確かに良い事を言ってもらえて未来が当たれば凄く嬉しいです。
ですが、自分で占いをやっていると「未来を当てる事」がどれだけ難しいか痛感させられるのです。

占いは信じるけどスピリチュアルは信じない

ちなみに私は

 

「占いは信じるけどパワーストーンやパワースポットは信じない」

 

人です。

 

石自体は綺麗で欲しいと思うし、実際に昔は集めていました。
しかし、石に効果やご利益を求めるのはちょっと違うかなと思います。
石やお参りにすがる暇やお金があるなら、おしゃれや料理を勉強した方が現実的だと思います。
現状を冷静に見て、対処をしていく……占いに限らず、生きて行く上で重要な事です。
現実逃避もほどほどに、今できる事をしようと私は思います。

 

占いのご利用は計画的に

悩みを相談したり話を聞いてもらう事は気が楽になります。
しかし、占い自体結構高いものなので(私が行く所で30分4500円位します)行っても3カ月に1回位でしょうか。
恋愛と仕事運の交互に見てもらう位がちょうどいいかな、と私は思います。
あまりはまらずに、ほどほどの距離で付き合っていきたいと思います。

 

今日もまとまりのない文章で申し訳ないです。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました!