占ゆい。

ココナラで活動中の新米占い師のブログ

メール占いでタロットを公開する?公開しない?

f:id:yktarotas:20180622223450j:plain

 

 

こんにちは、蒲原ゆいです。

ココナラ等のメール占いで占うor占ってもらう時カードを公開する人としない人がいます。 

今日は個人的メモを含めてタロットカードを公開する・しないメリットとデメリットをまとめてみようと思います。

 

目次

 

タロットカード公開

メリット

お客様に出たカードが伝わる

これはそのままの意味ですね。

タロットを非表示にしていると、本当にカードを引いたのか?と疑う人がたまにいます。

タロットを引かず、主観で語る占い師がたまにいるのが原因でもありますが……。

タロットを公開すれば占った事の証明にもなりますので、お客様に納得してもらう事ができます。

 

文字数が稼げる

タロットを公開することで、メール占いの文字数が稼げます。

私も書く派なので、これによる文字数稼ぎは非常に助かっています。

 

【過去】ソードペイジ正

【現在】ペンタクル9逆

【未来】カップ10逆

【対策】審判正・ソードナイト正

【相手の気持ち】皇帝逆・ソード10正・ワンドクイーン逆

【〇〇様の気持ち】ペンタクル2逆・女教皇正・ワンド6逆

【最終結果】ワンド3逆

 

こうやって書くだけでも100文字は稼げます。

これに加えて「このカードの意味・キーワードは〇〇になります」という一文を添える事もできます。

25~30文字位と想定し、上記の枚数分書くとなると大体300文字になります。

……結構多いですね。かさ増ししているのがよくわかります。

 

 デメリット

お客様を怖がらせる可能性がある

特に言われてるのが「死神」「塔」「悪魔」ですね。

タロットをやったことがない人は死神という響きに恐れ、かじった事がある人はこの3枚を悪いカードと認識している人も何人かいます。

よって、カードが出た時点でお客様を落ち込ませたり、怖がらせたりしてしまう可能性が結構あります。

 

私も1度死神のカードで怖がらせてしまいました。

しっかり説明したら納得してくださったので良かったのですが、やはり死神のインパクトは強烈です。

 

お客様が解釈の違いで質問してくる可能性がある

これはお客様がタロットをかじった事がある場合に起こります。

お客様が「このカードは〇〇の意味ですよね?解釈おかしくないですか?」と聞いてくる事は結構あります。

 

タロットの解釈は人様々である事である事と、全体のカードの出方によって解釈が変わってくることもあり、正解が無いと言っても過言ではない状態です。

お客様に説明して納得してもらえたら別に良いのですが、たまに納得してくれないお客様もいます。

そういうお客様に当たったら誠心誠意説明するか、「あくまで私の解釈です」で逃げるかは占い師次第です。

それか、お客様がわからないカード(ルノルマンやルーチンカードなど)を使うのも一つの手かもしれません。

 

タロットカード非公開

f:id:yktarotas:20180624181009j:plain

メリット

 手間が省ける

先程のメリットであった文字稼ぎも、逆に言えば書く手間が増えると言うことになります。

写真で公開する人は撮影とアップロードする手間が省けます。

出たカードの解釈をひたすら書く事に専念できます。

時間短縮にもなりますし、効率的にお金を稼ぎたいという人にとっては非公開にすることは十分なメリットと言えるでしょう。

 

オプションとして請求できる

たまにココナラで請求する人がいます。

手間がかかるので、その手間分をオプションとして上乗せできる事ができます。

500円とる人もいれば1000円以上取る人もいます。

値段はともかく、そういうこともできるという事を念頭に置いてください。

 

怖がらせない・解釈の質問がされない

先程の開示のデメリットがそのままメリットになります。

非公開にすることでお客様とのやり取りをスムーズにさせることができます。

もし何か聞かれても先程のオプションをつけて「追加料金で開示します」とだけ言うだけです。 

 

デメリット

お客様を納得させるのが難しくなる

カードを開示しない為、主観で言ってるのではないかと言われる可能性があります。

また、開示オプションにつけていたら「それ位教えてくれないのか」とお客様を落胆させる可能性もあります。

その為、どうしても開示するよりも説得力が減ってしまいます。

 

文章のかさ増しができない

かさ増しができない分、自力で文章を考える必要があります。

占いの文章を書きなれていない人には少し厳しいかもしれません。

 

 

こうして並べてみると一長一短なのがよくわかります。

私は詳しく説明したい派なので、もうしばらくは公開派でいそうです。

他の方はどちらで運営しているのでしょうか?

もしよかったら教えてください!